子どもの習い事を始める時期

子どもに行わせる習い事は、どのくらいの時期から始める人が多いのでしょう。
習い事についての調査結果を見てみると、早期の子どもでは1歳にならずして母親と共に通い始める場合もあります。
幼稚園や保育園に通う頃になると、全体の2割程度の子どもが習い事をしているようです。

 

小学校に入る時に通いだす人が相当数いますが、中学年・高学年に上がってからやり出す人もかなりの割合でいます。
中学校へ入学する前の65%程度の子どもが習い事をしているようです。

 

小学校中学年の子どもでは、習い事が変化するようです。
低学年までは、スイミングやサッカーなどのスポーツ系や、ピアノやバイオリンなどの文化系のものを選ぶ傾向にあります。

 

ですが中学年に上がる年齢になると、学習塾がけた違いに多くなっていきます。
大きくなるほどその傾向が強くなり、中学生になってしまうと習い事の多くが学習塾になっていきます。
幼い頃は、体力作りや運動能力を発達させたいというような考えで始めたり、子どもの意思に沿って通わせるケースが多いことが分かっています。

 

高学年にまでなると、勉強への親の気持ちも足されて学力アップのためにと学習塾を選択する子どもが多くなります。
しかしながら学習塾はどこも一様ではなく、受験に向けた目標があるのか普段の学力向上のためなのかによって、どんなタイプの学習塾に通わせるかが変わります。

 

学習塾だけでなく他の習い事もしている子どもが多く、学力とともに運動系や芸術系の能力もつけさせたいと考慮している親が少なくないということも分かります。

子どもの習い事を始める時期関連エントリー

子どもの習い事を考える時期
子どもの習い事についての情報を紹介します。勉強の他にもサッカー、ピアノ、ギター、空手、ダンス、水泳、パソコン、バレエ、合気道など。
子供の習い事の予算
子どもの習い事についての情報を紹介します。勉強の他にもサッカー、ピアノ、ギター、空手、ダンス、水泳、パソコン、バレエ、合気道など。
子供の習い事を選ぶポイント
子どもの習い事についての情報を紹介します。勉強の他にもサッカー、ピアノ、ギター、空手、ダンス、水泳、パソコン、バレエ、合気道など。