子供の習い事の予算

子どもの習い事にかかる予算は、家庭ごとに違いがありますし、兄弟がいるかどうかでも変わってきます。
子どもが習い事に通うことは珍しくありませんが、1人当たり1か月にどのくらいの額がかかるものなのでしょうか。

 

調査資料を見ると、90パーセントの子どもにかけている金額は1ヶ月平均3万円以内ということです。
1人でいろいろな習い事に通う子どものケースも多く、学習塾に通うだけで10万円よりも多くの予算が必要な場合もあります。

 

一番多く見られるのは、1ヶ月間で1万?3万円の金額です。
受験の時期が近づくと、学習塾へ通わせるケースが多くなるので、金額は随分高くなります。
何の習い事なのかに応じて月謝もずいぶん変わってきます。
数種類通っているケースでも、2万円にもならない安価な価格設定をしている習い事も見られます。

 

対称的に1箇所の学習塾に通うだけで、数万円に設定されたところも数あり、教わる教科数に授業のコマ数によってより一層高い金額へと変わっていきます。
小学校の高学年では、幼い頃から続けてきた習い事を辞めたり、一時的に中止して学習塾だけで頑張る子どもが増えます。

 

受験を考えている家庭の子どもがこのパターンになりやすく、可能なら通い続けたい習い事も受験があることで抑えているのも事実です。
受験が完了した際に、休んでいた習い事に復活するケースは少ないようです。

 

いくら受験のためとはいえ、子どもが自分から進んで通っている習い事をストップさせる場合は、子どもの気持ちを汲んだほうが、将来的に良い影響があるようです。
好きなことをする時間もとることで、子どもの精神面に余裕が出てくる場合もあるのです。

子供の習い事の予算関連エントリー

子どもの習い事を考える時期
子どもの習い事についての情報を紹介します。勉強の他にもサッカー、ピアノ、ギター、空手、ダンス、水泳、パソコン、バレエ、合気道など。
子供の習い事を選ぶポイント
子どもの習い事についての情報を紹介します。勉強の他にもサッカー、ピアノ、ギター、空手、ダンス、水泳、パソコン、バレエ、合気道など。
子どもの習い事を始める時期
子どもの習い事についての情報を紹介します。勉強の他にもサッカー、ピアノ、ギター、空手、ダンス、水泳、パソコン、バレエ、合気道など。